年 月 沿 革
昭和28年 5月 資本金500万円をもって、挙母市(現豊田市)に、TK技研株式会社を創立
昭和31年 6月 社名をTK気化器株式会社に変更
昭和32年 4月 資本金を1,480万円に増資
昭和32年10月 本社及び本社工場を、現在の豊田市寿町5丁目10番地に移転。
   ダイカストから組立までの一貫作業工場を新築完成
昭和33年 4月 資本金を2,000万円に増資
昭和35年 1月 精密工作機械部門を新設、精密自動旋盤・高速単能旋盤の製造販売を開始
昭和36年11月 資本金を4,000万円に増資
昭和37年 4月 油圧自動ネジ切盤を開発、製造販売を開始
昭和37年 5月 ジュラコンコックを主体に、ノーグリスガスコックの量産を開始
昭和40年 6月 社名をテイケイ気化器株式会社に変更
昭和42年 2月 足助工場の新築完成、燃料コック・ガスコックの組立専門工場として量産開始
昭和44年 2月 旭工場完成、燃料コックの組立専門工場として量産開始
昭和44年 7月 本社第二工場竣工
昭和45年 6月 小型ダイヤフラム気化器を開発、国産化に成功
昭和48年 6月 自動車用PCVバルブの生産開始
昭和49年 6月 稲武工場完成、気化器製造専門工場として量産開始
昭和50年 6月 自動車用燃料ポンプの生産開始
昭和52年 4月 本社工場増築完成
昭和53年 9月 生産合理化のため足助工場を本社に、旭工場を稲武工場に統合
昭和56年 9月 PM優秀事業場賞受賞
昭和56年11月 資本金を7,200万円に増資
平成 5年 8月 樹脂PCVバルブの生産を開始
平成 6年 9月 中国・重慶市に重慶平山泰凱化油器有限公司を設立
平成13年11月 ISO9001認証取得
平成15年10月 ISO14001認証取得
平成16年 4月 船外機用スロットルボディーとVSTの生産開始
平成17年 8月 中国・浙江省に泰凱通用化油器(宁波)有限公司を設立
平成22年 4月 泰凱通用化油器(宁波)有限公司の資本金を210万ドルに増資
平成26年 4月 自動車用エゼクタの生産開始